赤ら顔を治す方法

赤ら顔を治す方法|私はこれで赤ら顔が治った改善法!まとめ


近年の効果的な赤ら顔を治す方法と対策は、次の5つがあります。

1.赤ら顔専用の化粧水

化粧水
もっとも手軽に赤ら顔を治したい人は、赤ら顔用の化粧水やクリームがおすすめです。

これらは即効性もあり、早い人では数回塗るだけで赤みが抑えられます。それを継続的に続けることによって、赤ら顔が改善されていきます。

専用の化粧水が赤ら顔の改善に効果があるということは、皮膚科専門医が豊富な臨床経験をもとに実証されています。

2.レーザー治療

病院
赤ら顔のレーザー治療は保険が効きませんので金額は自己負担になります。
だいたい1回2万円〜という皮膚科・クリニックが多いようです。これを5回ほど行い1セットにしていますので、治療の総額は10万円以上になります。

また、1回行うと、1ヶ月ほど間隔をあける必要がありますので、期間は半年以上になるでしょう。

また、レーザー治療は赤ら顔以外にも、大きなシミやホクロ、アザ、ニキビ跡なども消すことが可能です。

3.敏感肌を強くする

多少の時間はかかりますが、顔の皮膚自体を厚くし肌を強くしていくことは効果的です。

赤ら顔の人は敏感肌の人が多いですので、外部からの刺激に強い肌にすることで改善できます。

【敏感肌の改善方法】
まず顔が浸かるくらいの洗面器を2つ用意します。
洗面器
1つは冷水、1つは少し熱めのお湯を入れて10秒ずつ交互に5回ずつ顔をつけます。


これを毎日朝晩行うことで、外気の寒暖差などによる刺激に強い肌を作ることができます。(最低3ヶ月は続けること)

また、敏感肌の人は乾燥肌の人が多い様です。終わった後は化粧水などで保湿を意識して行う様にしましょう。

4.即効性を求めるなら専用のファンデーションやクリーム

その場しのぎではありますが、ファンデーションやクリームで赤ら顔の赤みをうまく隠すという方法もあります。とくに今すぐどうにかしたい方にはおすすめです。

5.肌の色を黒くする

赤ら顔の人は肌が白い人が多いようです。肌が白い分余計に頬の赤さが目立ってしまうのです。

肌を小麦色にすることで赤さを目立たなくさせることができます。
日焼けサロンに行くのに抵抗があるという人は、塗るだけで日に焼けた様にすることができるクリームがおすすめです。

※やりすぎに注意を!

どの対策が効果的かは人によって異なりますが、赤ら顔を治すことは可能ですので、自分にあった対策をいろいろと試してみることが改善の近道です。

しかし、一度に複数を試して、肌に刺激を与えすぎて逆に悪化する場合もあります。

ただでさえ赤ら顔の人は敏感肌で皮膚が薄い人が多いですので、試す際はやりすぎ注意です。徐々に行いましょう。

赤ら顔は毛細血管の拡張が原因

赤ら顔の原因は、皮膚の下にある毛細血管が拡張され血液の流れが滞り、うっ血することで赤みが帯びて見えてしまっている状態です。

赤ら顔は、特に顔の皮膚が薄くて敏感肌の人や肌の色が白い人が症状が出やすくなります。

特に冬は、外と室内の急激な温度差のせいで、毛細血管が膨張して赤みが増してしまします。

冬の室内で一度でも顔が火照ると冷めるまでに時間もかかります。

赤ら顔の改善を諦めないで

赤ら顔は、きちんと対策をすれば改善ができる症状です。

ネガティブになって諦めたり、面倒くさくなって途中で対策をやめてしまったりするのはもったいのないことです。

これまであなたの人生を散々悩まされた赤ら顔を治すことができるせっかくのチャンスを捨てないでください。

行動することに躊躇している人は、赤ら顔が治った時の喜びやその後の生活を想像してみてください。
自分の赤ら顔に対するコンプレックスがなくなることで、自信がつき、晴れやかに堂々と日々の生活を送っている姿が見えてくれば、きっと治さずにはいられなくなるのではないでしょうか。

赤ら顔を治して、何にもることがない、爽やかに堂々と生活ができる新しい人生を手に入れましょう。

男性の赤ら顔を治す方法

赤ら顔を治す方法|私はこれで赤ら顔が治った改善法!まとめ